作業員の男女

平板載荷試験で地盤の安全を確認|調査のことなら業者にお任せ

開発においての注意点

お風呂

温泉を利用した施設について

温泉があることで高い集客力を得ることができ、また効能によっては定期的な利用者の獲得に繋げることができます。また温度の高い温泉を利用できれば、沸かすための燃料費が節約でき運用費用を抑えることができます。近年はボーリングを使って温泉開発をすることも可能になり、特に都会の中でも温泉を利用するところが増えています。これらの場合にはスーパー銭湯やスパリゾートなどに使われ気軽にリラクゼーションできる場所として人気があります。また温泉といえば郊外にあるものといったイメージが強いものですが、都会で湧き出させるまたは組み上げることができれば、他社との差別化することができます。

温泉開発の注意すべきポイント

温泉開発の種類としては、ひとつは既存の温泉を利用するものと、新たに温泉開発を行い温泉を掘り当てるということです。法的には温泉は一定の成分が含まれる地下水でも良いことになっており、冷泉であっても温泉と名乗ることができます。しかし、近年の温泉開発では地下深く1000メートル以上掘ることで、一定の温度の温泉が出ることがわかってきており、また地下の状態を知るための機械も多く開発され温泉を掘り当てる精度が高くなっており、高い確率で温泉を掘り当てることが可能です。ただし、温泉開発には多額の費用が必要で、調査費だけでも400万円から500万円は必要とされ、さらにボーリングを行う場合には5000万円から7000万円は必要とされます。そのため単に温泉を掘り当てるだけでなく、その温泉を利用するための綿密なプランを立てておく必要があります。